スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーボールには大きさがあるというのは知っていましたか?
そう大きいボールや小さなボールと種類があります。例えば小学生までなら4号球を使います。 小学生の筋力では4号までが適切なのです。
中学高校一般となると5号球を使います。プロも5号球です。
4号球を使っていて5号球を使うと大きいと思うかもしれませんが慣れると普通になります。
またフットサルで使われているボールも若干小さくなります。
この大きさも地域によって変わってくるのでルール確認は忘れず行いましょう。
スポンサーサイト

まず両足を使いましょう。初心者は片足(利き足)しか使いません。これによって逆足に行ったとき失敗します。
また片足だけでやるのは疲れてしまい無理です。またインステップでやるときはボールの中心真下を正確に蹴ります。
出来れば両方の足を出来るだけに交互に行いましょう。
またももを使ってリフティングもたくさん出来るかもしれません。
ですがやはりリフティングもその人のコツによります。人によってあそこを蹴ればやりやすいあそこを蹴ると出来るなど違ってくるので自分で見つけましょう。

練習あるのみです。ボールを買いあきらめずに何度も練習すればどんどん出来るようになります。
まずはコツをつかみそこから集中力を切らさずに出来ればいい結果につながると思います。

フットサル?サッカーと同じじゃないの?いいえ似ていますが実は違うんです。
まずフットサルは主に室内で行うことが多いです。またフィールドも断然狭いです。
また主にボールがフィールドから出てしまったときはスローインから始めるのではなくキックインから始まります。
そして交代は何人でも出来るというルールもあります。
キーパーにはパスを出来ないというルールもあります。
と書きましたがこれは一般的なルールですが地域や大会によってルールは若干変わったりするので注意です。

もし大会に出るならルールはちゃんと把握してから出ましょう。
フットサルは主に5人でプレーするので人が集まらなかったときなどはフットサルをやってみるのもいいかもしれませんね。

ここでは代表的なポジションをそして簡単に説明していきますね。

FW 一般的にフォワードと呼ばれていますね。

フォワードとはサッカーでは最前線に位置していて攻撃を担当し得点を取るポジションです。

点を取る快感を1番に味わえるこのポジションは大人気?!

MF ミッドフィルダーと呼ばれています。

このポジションはサッカーでは中間的な位置にあります。攻撃守備とどちらもこなさなくてはいけません。

パスが得意な選手やドリブルが得意な選手がよくこのポジションにいますね。

また日本はミッドフィルダーがよく育つそうです。黄金世代の中田や中村、稲本なんかがそうですね。

そのときそのときにより攻撃に加わったり守ったりと難しいポジションでもあるかもしれません。

DF ディフェンダーと呼ばれます。

主に守りを重点的に行います。最後の砦みたいなものですね。

守りといっても攻撃参加をしても大丈夫です。

ディフェンダーも相手のフォワードからボールを奪ったりパスを繋いだりととても重要なポジションのひとつです。




GK ゴールキーパーですね。

ゴールキーパーはサッカーにおいて唯一手を使えるポジションです。どこでも触れるというわけではありませんがゴールを守る職人のようなものですね。

また大抵はゴールキックを蹴ったり手に持って蹴ったりします。

後ろからの指示や声をかけるなど仲間のサポートを行ったりします。

初心者にとって初めは安いシューズでいいと思います。なぜかというと初めのうちは土を蹴ってしまったり変なところを蹴ったりと何かと磨耗が激しいからです。
また自分の足のサイズに合ったシューズを買いましょう。最初から通販などで買うと靴擦れの要因にもなります。
慣れてきたら軽い物を選んだり皮にも種類があります。例えば天然やカンガルーなどありますが自分にあったものを買うものもいいでしょう。

またかっこいいシューズもあるんで色やデザインで決めるのもいいですね。
ちなみに私はミズノ推奨です。なぜかというと日本人の足に一番合っているといわれてるからですね。
1番は自分に合ったシューズは探すことですね。

ここではある程度簡単に出来る練習を書きました。
まだまだ応用的な練習。難しい練習はあります。
しかし、今初心者の方はこの基本的なことから練習しマスターしなくてはなりません。
やはり基礎って大事なんですよね。
たり変なところを蹴ったりと何かと磨耗が激しいからです。
また自分の足のサイズに合ったシューズを買いましょう。最初から通販などで買うと靴擦れの要因にもなります。
慣れてきたら軽い物を選んだり皮にも種類があります。例えば天然やカンガルーなどありますが自分にあったものを買うものもいいでしょう。

いきなり応用的なことやれと言われても無理なんです。
この紹介した練習をすることにより確実にあなたは上達します。

これはサッカーやってる人なら遊び感覚でやるものなんですが、覚えると楽しいですよ。 かなり面白いです。
人数としては5人でやってもいいですし、6人など4人以上集まれば出来てしまいます。 
まずやるために範囲を決めます。
はじめは10メートルの正方形を地面に書いてやるといいでしょう。マーカーやコーンがある方は4つ四方においてやってみましょう。
その中に5人は入ります。1人鬼を決めます。4人はボールを持ちパス交換をすることが出来ます。 だいたい分かりましたか?
なかの4人はパス交換やドリブルをして鬼に取られないようにすればいいのです。
ルールとしてはその四角形の中からボールを出してはなりません。その範囲内でパス交換をしましょう。
鬼はがんばってボールを取りに行きます。
簡単そうに見えて実はかなり難しくはじめはすぐに鬼に取られてしまうと思います。
はじめは10回もパスを通すと上出来です。
これは相手が追ってくるというプレッシャーがかかる中で正確なパスが出来るか?
周りをちゃんと見ているか?トラップは出来るか?ということが分かる練習法です。

鬼はどうすれば取れるのか、考えてやることも出来ますよね。
慣れてきたら中の鬼を増やしたり、正方形の辺を短くしたりといろいろなやり方もあります。
鬼はボールを取ったら取った人と交換してやってくださいね。
そうしないと鬼は地獄ですからね。

やっぱりサッカーの基本。そして出来なくてはならないのはトラップとパスです。
  ここではそのための基本的な練習法を教えます。
  まず2人1組になり向かい合わせになります。距離は2mぐらいですね。初めはもっと近くてもいいかもしれません。
  だいたいの距離が決まったなら、補助側がボールを持ちます。
  向かい合わせの相手の「足」・「もも」・「胸」・「頭」に向かって投げます。足といってもたとえばインステップ10回ずつ インサイドキック10回ずつなど回数を決めてやりましょう。
  (投げ方は両手で持ち、下投げでふわっとしたボールを投げます。相手が蹴りやすいような感じです。) 投げられた側は相手に正確に蹴り(又はトラップして)相手の胸を狙って返す。
  これの反復練習により基本はばっちりになります。 
 
  「足」
  足は、2種類使って練習します。
  はじめはインサイドキックからですね。インサイドキックは、正確なに蹴るためのキックです。
  投げられたボールをインサイドキックで直接相手に返します。
  「足の親指の付け根」、「くるぶし」、「かかと」を結ぶ三角形の真ん中辺りでしっかり蹴ります。
  これを左右10回ずつ、交互に20回行います。
  次にインステップキックです。
  インステップキックは、シュートやロングパスといった強さを重視したキックです。
  投げられたボールをインステップキックで直接相手に返します。
  足首を固定し、「足の甲」でしっかり蹴ります。
  これも左右10回ずつ、交互に20回行います。 「もも」
  足が終わったら「もも」ですね。
  ももでのトラップを練習するので、ももでワントラップして地面に落とさずに上記のインサイドキック、 又はインステップキックで相手に返します。これも最初は難しいです。しかし何度もやっているとコツもわかってきます。
  何回も練習しましょう。
  左右の腿10回ずつ、交互に20回行います。
  相手に返す時のキックは、左右どちらの足でも結構です。
    「胸」
  「胸」でのトラップは少し難しいです。落ち着いてやりましょう。
  ももと同じように、胸でワントラップして地面に落とさずにインサイドキック、又はインステップキックで 相手に返します。これもやはり難しいです。何度も言いますが練習あるのみです。
  胸トラップも同様に、左右の胸10回ずつ、20回行いましょう。
  「頭」
  「頭」、ヘディングの練習です。ヘッドと言ったりします。
  人によって変わりますが私はでこより少し上の頭とでこの境目あたりで当てています。
  これも20回やりますが、補助側の方はゆっくりとしたボールを投げてあげてください。
  10回やった後は、少しボールを高くあげてジャンプヘッドの練習もできます。
  これを2人で交互にやることにより基礎は格段に向上します。
  がんばりましょうね
 

ここで次はといったらもう。。
みんなとサッカーしましょう。
やっぱりサッカーはみんなとするのが面白いのです。
何が面白い?シュートを決める。アシストする。相手をドリブルで抜き去る。相手のドリブルを止める・・ 人によってたくさんありますよね。ちなみに私はシュートを決めたとき最高な気分を味わいますね。

またサッカーって1人だけでするものじゃなくみんなで勝ち取るスポーツです。
これもまたサッカーの面白さなのですかね。
では初心者のためのみんなでやる練習法です。
パートナーを作り2人でやるのもいいですね。

そう1人でやれることそれはイメトレです!!イメトレと聞いてなんだそれはと思った方がいるかもしれません。
イメトレこれはとても重要なものです。たしかに初心者にとってイメトレをするより実際にボールを触って練習したほうがいいのは確かです。
なのでこれは上記の練習が終わった休憩に。または家の中で暇なときにでもイメトレしてくださいね。 では何を考えればいいのか・・ 
やっぱり個人個人が好きなプレーを思い浮かべる。これが1番楽しいしサッカーも上達していきます。 自分はドリブルが好き!そんな方はロナウジーニョのプレイを思い浮かべるのもいいですし。
フリーキックが好き!ベッカム、ピルロの姿を思い浮かべるのもいいです。
ここで大切なのは思い浮かべるだけではダメです。自分と照らし合わせながらその人の姿を思い浮かべるのです。

たとえばフリーキック。ベッカムだってピルロだって同じところを蹴ってますか?違いますよね。
人によってどの足の部分でけるのかカーブをかけているのか速いまっすぐのボールを蹴っているのか多種多様です。
そのときの蹴り方、フォームなどを思い浮かべ実際の練習でやれるようイメトレするのです。
これは初心者にはまだ早いかもしれませんが、実際にボールを蹴っていないあいだの時間はもったいないですよね。
その時間を利用し考えて見ましょう。
上の選手知らないという方はネットで調べれば出てきますし、友達に聞いて見ましょう。とても有名な選手です。

初心者にとって初めにつまずくのがボールを蹴るとき浮かばせることが出来ない。だと思います。
初めは私もそうでした。ですが何回も蹴っていると出来るようになるんですね。
それだけじゃ分からないよ。そうですね。私は初め友達からどのように蹴れば浮かぶということを教わりました。
そのときの友達の話と今の自分の経験から教えますね。
まず蹴る前に自分の足を見てみましょう。先ほど書きました。インステップ分かりますか?
そう足の甲です。ここに確実にボールを当てれば浮かぶんです。
そんなこと言われてもあまり分かりませんよね。
このインステップでボールを蹴るにはコツがいるのです。
それは足先を伸ばして固定するのです。そしてその固定したままボールを蹴るのです。
初心者というのはボールを蹴ったあと足がきちんと固定されていなくてブラブラした状態で蹴るんですね。

その状態で蹴ると浮かぶわけもなく変な方向に飛んでいってしまうのです。
この足を固定した状態で壁に向かってボールを何回も蹴って練習しましょう。
初めはなかなか出来ませんが出来るようになります。
この固定。固定を忘れず練習してみてくださいね。また友達に聞く。テレビで代表選手の蹴り方を見る。いろいろな方法がありますね。
 

そうなんとなく分かった方もいると思いますがリフティングというものです。
リフティングはサッカーやる上での基本中の基本ですよね。
でも初心者にとってこれほど難しいものはないものです。
蹴り続けるのは簡単に見えて相当難しいものです。それはボールの真下そしてその中心を蹴り続けなくてはいけないからです。
自分でやってみればわかると思いますが難しいですよね・・
やっぱりこれは何回も練習して自分でコツをみつけるのが上達の近道ですね。
また友達にどうすれば上手く出来るのか聞くのもとても参考になります。
初めのうちは利き足でばかりやってしまうことが多くなると思います。
ですがある程度慣れてきたら逆足にもチャレンジしましょう。
片足だけでは疲れますし逆足に来たとき失敗してしまいます。

最初は、足の甲(インステップ)と足の内側(インサイド)を使ってサッカーボールをキックします。ですが最初はインステップで練習していきましょう。
初めのうちは10回も出来ればとても上出来です。
慣れてきたらももなども使いやってみましょう。
友達のリフティングを見て研究するのもいいでしょう。

はい道具はそろえました。次は・・?
はいサッカーをしましょう。え・・もうサッカー?
そう思われたかもしれません。

やっぱり初めてやるのにいきなりサッカーなんて出来ませんよね。
それではここで1人で出来る基本的な練習法を紹介していきたいと思います。
 

1~6番を買ってもらえば完璧です。
ですが公式な大会には出ない。仲間内、友達だけでする。
そんな方は買わなくてもいい物もあるのでそこは計画的に。

初心者にはまずボールが必要です!
それだけは買っておいてくださいね。

これは特別必要という物でもありません。
ですが、一応用途を説明していきますね。
すねあて止め、これはすねあてがソックスからすっぽぬけるのを防止するために使います。
抜けるといってもソックスをたくさん使用しゴムがゆるくなったりしていると抜けてしまうのでそんなときに使います。
中にはすねあて止めの代わりにテーピング使ったりしてる人もいますね。
なので特別購入しなくてもいいと思います。
スパッツはゲームパンツの下に履くものです。
ゲームパンツの下はパンツでいいじゃないか?という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし中のパンツがゲームパンツの下から見えてしまう。
白いゲームパンツだから中のパンツが透けてみえてしまう。
そんな方にはスパッツがお勧めです。
これを履くことによって対処することが出来ますね。
スパッツのほうが動きやすいなんて方もいるので個人の好みで買ってくださいね。
 

シューズ、スパイクと言われたりします。
サッカーを本格的にやる上で必要になるのがシューズですね。
一般的な靴と違い底にボコボコと突起物がついているのが特徴的です。

このシューズを履くことによってボールを蹴りやすくなりますし、滑りにくくすばやく走ることも出来ます。
一般的な靴でボールを蹴るよりあまり痛みも感じません。
高いシューズ安いシューズとありますが初心者のうちは安いシューズで構わないと思います。
   

サッカーを友達同士でやっていてすねを蹴られて痛かった思いはありませんか?
すねって少し足がぶつかっただけでも痛いんですよねぇ。
でも大丈夫です。
安全のためにもすねあてという道具が存在します。

これをソックスの中に入れるだけで蹴られても痛くなります。
これは公式の試合などでは絶対につけなくてはならない道具です。
愛好会などではつけなくてもいいと言われたりしますが安全上つけたほうがいいと思います。
  

私は簡単にソックスと呼んでいますが人によってはストッキング、靴下など呼び方も違います。
 これはやっぱりシャツ、パンツと買うなら一緒に買うのが一般的ですね。
普通の靴下なんかではやはりサッカーをやっていると汚くなってしまいますし。
穴だってあいてしまうかもしれません。

そこで必要になるのがサッカー用のソックスです。
一般的な靴下と違い穴はあきにくいですし、シャツやパンツとの色の合わせ方によっても楽しいですね。
また次で説明しますがすねあてという道具をつけるのにも必要になります。

自分はまず見た目から入る!あの大好きな選手、クラブチームのユニフォームが着たい!
そんな人はゲームシャツやゲームパンツを買うことをお勧めします。
もし自分はお金なんてあまりかけたくない!そんな人はデザインや背番号など気にしないで、買うならば全然安く買うことだってできます。

愛好会や友達同士でやるサッカーでも普通のTシャツに短パンでやったって構いません。
しかし、サッカー用のゲームシャツ、ゲームパンツはやはりサッカー仕様なので、かっこいい、軽い、汗を吸収しやすいなどたくさんのメリットはあるので買ってしまってもいいと思います。

これはやはり自分で持っていなくてはなりませんね。
家でリフティング練習や基礎練習するのにも使えますし、ボールになれることができます。
もし部活に入る、愛好会に入るなんて人は自分で持っていなくてもサッカー自体は出来るので、お金と相談して買ってくださいね。

と言いますがやはり初心者は買って練習するのが上達の秘訣です。

サッカー始めようと思ってる人にとってまず疑問に思うのが何を準備すればいいんだ?ですね。
私は小学校からサッカーを始めましたがやっぱり必要な物分からなかったですね。

前からサッカーをしている友達に聞いたり父が昔やっていたこともあり、いろいろ話を聞いてたことを思い出しますね。

稼げない・・勘違いしていませんか?

サッカーを始めるための最初の一歩

最低限必要な物とは?

1.どのようなボールを使えばいいの?
2.サッカーをする上で必要な練習着とは?
3.シューズの選び方
4.足を守るための方法
5.一般の靴とサッカーのシューズの違い
6.すねあて止め、スパッツetc..の選び方。使用方法。
まとめ


稼げない・・勘違いしていませんか?

最低限必要な物はそろえた。それで次は?

1.ボールを落とさず蹴り続ける方法
2.置いて蹴ってみる。遠くに跳ばす方法。
3.頭の中で考えておくだけで上手くなれる?

これだけではまだ通用しません。

1.2人1組で出来る上手くなるための練習方法。
2.鳥かごって分かりますか?4~5人集まればできる練習方法。
まとめ


質問!質問!

1.シューズの選び方。第2弾
2.ポジションが分からない。ポジションの意味とは?
3.フットサルの面白さ。そしてフットサルをやるために
4.リフティングを長く続ける方法。
5.4号球?5号球?サッカーボールの選び方。
6.ボールを遠くへ飛ばすための方法。
7.上手くあいてのボールを取るための方法。
8.スルーパスって何?これで1点を取ってしまえるパスです。
上手くなるための方法

ウイニングイレブンをやる意味。
相互リンクしよう。

相互リンクしましょう~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。