スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりサッカーの基本。そして出来なくてはならないのはトラップとパスです。
  ここではそのための基本的な練習法を教えます。
  まず2人1組になり向かい合わせになります。距離は2mぐらいですね。初めはもっと近くてもいいかもしれません。
  だいたいの距離が決まったなら、補助側がボールを持ちます。
  向かい合わせの相手の「足」・「もも」・「胸」・「頭」に向かって投げます。足といってもたとえばインステップ10回ずつ インサイドキック10回ずつなど回数を決めてやりましょう。
  (投げ方は両手で持ち、下投げでふわっとしたボールを投げます。相手が蹴りやすいような感じです。) 投げられた側は相手に正確に蹴り(又はトラップして)相手の胸を狙って返す。
  これの反復練習により基本はばっちりになります。 
 
  「足」
  足は、2種類使って練習します。
  はじめはインサイドキックからですね。インサイドキックは、正確なに蹴るためのキックです。
  投げられたボールをインサイドキックで直接相手に返します。
  「足の親指の付け根」、「くるぶし」、「かかと」を結ぶ三角形の真ん中辺りでしっかり蹴ります。
  これを左右10回ずつ、交互に20回行います。
  次にインステップキックです。
  インステップキックは、シュートやロングパスといった強さを重視したキックです。
  投げられたボールをインステップキックで直接相手に返します。
  足首を固定し、「足の甲」でしっかり蹴ります。
  これも左右10回ずつ、交互に20回行います。 「もも」
  足が終わったら「もも」ですね。
  ももでのトラップを練習するので、ももでワントラップして地面に落とさずに上記のインサイドキック、 又はインステップキックで相手に返します。これも最初は難しいです。しかし何度もやっているとコツもわかってきます。
  何回も練習しましょう。
  左右の腿10回ずつ、交互に20回行います。
  相手に返す時のキックは、左右どちらの足でも結構です。
    「胸」
  「胸」でのトラップは少し難しいです。落ち着いてやりましょう。
  ももと同じように、胸でワントラップして地面に落とさずにインサイドキック、又はインステップキックで 相手に返します。これもやはり難しいです。何度も言いますが練習あるのみです。
  胸トラップも同様に、左右の胸10回ずつ、20回行いましょう。
  「頭」
  「頭」、ヘディングの練習です。ヘッドと言ったりします。
  人によって変わりますが私はでこより少し上の頭とでこの境目あたりで当てています。
  これも20回やりますが、補助側の方はゆっくりとしたボールを投げてあげてください。
  10回やった後は、少しボールを高くあげてジャンプヘッドの練習もできます。
  これを2人で交互にやることにより基礎は格段に向上します。
  がんばりましょうね
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。