スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今の給料じゃ生活をしていくには大変だ・・
家族を養っていくのは厳しい。
あと数万円でもあればとても楽になる。。
お金持ちになりたい。etc

私もそうでした・・
私は今もらっている給料のほかに5万でもいい。
いや2万でもいい。
それくらい副収入として稼げたらどれだけ楽だろう。
ほしいブランド物は買える。彼女にプレゼントできる。
酒だっていつでも飲める。
今の給料のほかにお金が稼げる・・
うれしいですよね?

そんなことを考えているとき私の生活を変えてくれたある講座に出会いました。
この講座に出会っていなければ今の私はないでしょう。

なぜ私がこの講座に入会したのか。
お金だってかかります。たしかに初めは不安でした。
しかし、この講座には安心できる返金保証があったのです。
私は稼げなくても返金保証があるからダメでもともと・・
そんな気持ちで入会したのですが。
返金してもらう必要なんてなかったですね。
本当に稼げるのです。
それもコースごとに100万円コース30万を稼げるコース・・
その人の希望するコースで稼げるのです。
http://kouza.biz/


t.o.i.r.e.ukraine07からの紹介。
と言ってくれれば安くなります。
私はこの生活を変えてくれたこの方法をみなさんに知ってもらいたいのです。
ですから私はこの方法をお伝えします。

興味がある。
稼ぎたい。
お金持ちになりたいそんな方は見るだけでもいいです。
http://kouza.biz/
これを見るだけでも考えが変わると思いますよ。

サッカーボールには大きさがあるというのは知っていましたか?
そう大きいボールや小さなボールと種類があります。例えば小学生までなら4号球を使います。 小学生の筋力では4号までが適切なのです。
中学高校一般となると5号球を使います。プロも5号球です。
4号球を使っていて5号球を使うと大きいと思うかもしれませんが慣れると普通になります。
またフットサルで使われているボールも若干小さくなります。
この大きさも地域によって変わってくるのでルール確認は忘れず行いましょう。

まず両足を使いましょう。初心者は片足(利き足)しか使いません。これによって逆足に行ったとき失敗します。
また片足だけでやるのは疲れてしまい無理です。またインステップでやるときはボールの中心真下を正確に蹴ります。
出来れば両方の足を出来るだけに交互に行いましょう。
またももを使ってリフティングもたくさん出来るかもしれません。
ですがやはりリフティングもその人のコツによります。人によってあそこを蹴ればやりやすいあそこを蹴ると出来るなど違ってくるので自分で見つけましょう。

練習あるのみです。ボールを買いあきらめずに何度も練習すればどんどん出来るようになります。
まずはコツをつかみそこから集中力を切らさずに出来ればいい結果につながると思います。

フットサル?サッカーと同じじゃないの?いいえ似ていますが実は違うんです。
まずフットサルは主に室内で行うことが多いです。またフィールドも断然狭いです。
また主にボールがフィールドから出てしまったときはスローインから始めるのではなくキックインから始まります。
そして交代は何人でも出来るというルールもあります。
キーパーにはパスを出来ないというルールもあります。
と書きましたがこれは一般的なルールですが地域や大会によってルールは若干変わったりするので注意です。

もし大会に出るならルールはちゃんと把握してから出ましょう。
フットサルは主に5人でプレーするので人が集まらなかったときなどはフットサルをやってみるのもいいかもしれませんね。

ここでは代表的なポジションをそして簡単に説明していきますね。

FW 一般的にフォワードと呼ばれていますね。

フォワードとはサッカーでは最前線に位置していて攻撃を担当し得点を取るポジションです。

点を取る快感を1番に味わえるこのポジションは大人気?!

MF ミッドフィルダーと呼ばれています。

このポジションはサッカーでは中間的な位置にあります。攻撃守備とどちらもこなさなくてはいけません。

パスが得意な選手やドリブルが得意な選手がよくこのポジションにいますね。

また日本はミッドフィルダーがよく育つそうです。黄金世代の中田や中村、稲本なんかがそうですね。

そのときそのときにより攻撃に加わったり守ったりと難しいポジションでもあるかもしれません。

DF ディフェンダーと呼ばれます。

主に守りを重点的に行います。最後の砦みたいなものですね。

守りといっても攻撃参加をしても大丈夫です。

ディフェンダーも相手のフォワードからボールを奪ったりパスを繋いだりととても重要なポジションのひとつです。




GK ゴールキーパーですね。

ゴールキーパーはサッカーにおいて唯一手を使えるポジションです。どこでも触れるというわけではありませんがゴールを守る職人のようなものですね。

また大抵はゴールキックを蹴ったり手に持って蹴ったりします。

後ろからの指示や声をかけるなど仲間のサポートを行ったりします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。